ベビー服の水通し

月齢によってベビー服を楽しもう!

可愛い我が子の誕生と共に必要になるのが“ベビー服”ですが、さて、どんな洋服を選んだら良いのか迷います。
赤ちゃん専門店へ行っても今は男女のデザインなんかも違って数は様々です。
だいたいの目安を書いていきます。
まだ生まれたて、ねんねの時期は首がすわってないので、ボタン式の前開きで着替えさせやすい洋服を選ぶと良いようです。
本人の好みは無いので、ほぼ親の趣味で大丈夫です。
首がすわり、腰がすわると起きて生活する事が多いのでボタン式の前開きだとかえって着替えにもたつく事があるので、前開きよりかぶせ式、Tシャツの様な襟だとより便利になります。
この時期は食事をはじめる時期でもあるので、“汚してもいい服”なんかがあるとストレス無しに着せる事が出来ます。
たっち、あんよの時期になると、セパレートタイプがお勧めになります。
自分で着替えられる一歩になります。
とは言っても着替えられるのはまだ先ですが・・・。
この頃は、子供でも扱いやすいボタンの洋服を用意して、着替えさせると、興味のある子はボタン掛けをマネしたりします。
その子の好みも出てくるので、着替えさせようとすると洋服のデザインを嫌がったり、自分でこだわりを持って選んだりもします。
親の言いなりで着てくれるのは少しなので、ベビー服を楽しみましょう!!

ベビー服の水通しについて

出産前に赤ちゃんに着せるベビー服を買うのは楽しみのひとつですが、買った服を実際に赤ちゃんに着せる前にしなければならない事があります。
それが「水通し」です。
文字の通りベビー服に水を通すことで新しい服に付いているのりを取ることができ、生地が柔らかくなったり汗を吸収しやすくなります。
生まれたての赤ちゃんの肌はデリケートですから、水通しはとても重要な作業です。
新品の服ですから洗剤は使わず水洗いだけで十分ですが、気になる場合は赤ちゃん専用の洗濯洗剤を使うと良いでしょう。
型崩れ防止のためには手洗いがベストですが、面倒な場合は洗濯機を使っても大丈夫です。
その際は、洗濯槽をあらかじめきれいにしておくこと、他の洗濯物とは一緒にせず赤ちゃんの服だけを洗うようにしましょう。
洗い終わったらしっかりと絞って、日光にしっかりと当てます。
花粉などが気になる場合は部屋干しでも構いませんが、消毒にもなるのでできるだけ日当たりの良い場所で干すと良いでしょう。
服に湿気が残ってしまってはいけないので、良く晴れた日にしっかりと乾かすようにします。
乾いたら湿気のこもらない場所で保管するようにしましょう。
ベビー服だけでなく、赤ちゃんの肌着やタオルも同様に水通しします。
ちょっと面倒かもしれませんが、生まれてくる赤ちゃんのことを考えながら楽しんで挑戦してみましょう。

 

Favorite

クロムハーツのキャップやウォレットなども取り扱っています

クロムハーツ

一回の作業で買取も不用品回収も両方できてすごく便利です!

冷蔵庫 買取

納得の良心的&コスパのよい脱毛サロンをご紹介!

脱毛サロンのおすすめランキング

2018/1/17 更新

Copyright(C) 2015 twinkle baby. All rights reserved.